Honda Motor Co., Ltd. ホンダエンジニアリング株式会社  キャリア採用サイト
 
どんな職場ですか?
AF(アッセンブリフレーム)と呼ばれる工程の生産システム開発を行っている部署です。塗装終了後のボディにエンジンやインパネ、タイヤ、サンルーフなどを組み付ける生産技術カテゴリーです。
ホンダエンジニアリングのここがすごい
自ら声を出す。行動を興すことがなにより大事です。遠慮は大人のマナーかもしれませんが、引っ込み思案だけは通用しない職場だと思います。
 
いま、取り組んでいるプロジェクトがありますか?

組み付けラインに入ってきたボディから、ドアを自動で取り外すロボットを開発しています。同じようなパートにはサンルーフを組み付けたり、タイヤを自動で装填するロボットなどがありますが、そういった作業すべてを行う最初の工程が私のパートとなります。プログラムを変えることで、どんな車種にもフレキシブルに対応できる設計にしてあります。
転職するとき何を重視しましたか?

誰にでもできるような仕事はしたくありませんでした。悪くない環境を捨ててまで動くのですから、何か自分を表現できる仕事や研究課題があった方がいい。そう考えていたのです。おかげさまで、現在取り組んでいるロボットの開発は、これまで様々な課題から実現し得なかったものだとのことで、自分としては非常にやりがいを感じて取り組めた案件となりました。
大きく変わったことがありますか?

考える時間というか、独創性を求められるシーンが圧倒的に増えました。いい意味で「前例をぶちこわしてもいい」という風土があるからでしょうか。従来の発想をやめて、自分だけの課題解決方法にチャレンジできます。これまで使っていなかったセンサ技術や制御システムの導入など自分らしいものに取り組めます。もちろん、仕事ですから成果は求められますが、それもいい意味のプレッシャーと考えています。
転職者へのアドバイスがありますか?

私の場合、待遇は気になりませんでした。というより、Hondaという看板がある以上、聞かずとも…という感覚でした。むしろ、自分の経験に自信を持って、ホンダエンジニアリングにとってどれだけ価値のある存在になれるかを、語ったような記憶があります。臆せず話すことが大事だと思います。


国内工場の生産ライン用に開発した多関節型ロボットの試運転ビデオが北米の工場で大好評。国内よりも早く海外で導入されそうな勢いに「意外なところからお呼びがかってしまって」とまんざらでもない表情。機械いじりが大好きで自宅に5台ものバイクをもつ。
  ©Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All rights reserved.