Honda Motor Co., Ltd. ホンダエンジニアリング株式会社  キャリア採用サイト
 
どんな職場ですか?
太陽電池の研究と生産装置の開発を行っています。CIGS系の太陽電池の本格生産がスタートし、大忙しの部署です。
ホンダエンジニアリングのここがすごい
転職組というデメリットが全くありません。むしろ新しい考えかたに対する期待感が大きく、異分野・異業種からの転職者もすぐにとけ込めます。
 
いま、取り組んでいるプロジェクトがありますか?

太陽電池パネルの開発にチームで取り組んでいます。担当しているのはCIGS系パネル生産の前工程で、薄膜形成の生産設備の開発と検証を任されています。開発した装置は、2007年度より稼働している生産工場(協力工場)の能力拡大ラインとして、将来的に展開していくことになっています。現行モデルは1モジュールあたりの変換効率が11%、出力が125ワットのもので、総生産量は27メガワットですが、わたしたちはさらにこのスペックをあげるためにすでに数年先の目標に向けて開発に入っています。
転職するとき何を重視しましたか?

環境系の仕事にちゃんと取り組みたいというのが一番でした。ただ漠然とではなく、できれば技術者として自分が携わることできちんと評価が現れる。つまりは、世界の環境に貢献できそうなレベルの仕事がしたかった。少し大げさに聞こえるかもしれませんが、Hondaならそれができそうだと考えています。太陽電池そのものは後発メーカーですが、後発だからこそ独自の路線で、大きく飛躍できると考えたのです。
大きく変わったことがありますか?

仕事のしかたというか、決められたテーマに対してのアプローチが変わりました。主体性を求められます。考える時間、機会がぐっと増えます。「きみならどうする?」といつも聞かれているようなものです。いい意味の緊張感を感じながら、日々の開発に取り組めます。技術者としてはモチベーションを維持する大きな要素ですよね。
転職者へのアドバイスがありますか?

Honda党を自負する私ですが、転職にはあまり効果がないようです。「Hondaが好き」というのは、モチベーションになりますが決して決定的なポイントにはならないと思います。実際、私は手ぐすね引いてHonda好きを語ろうと構えていましたが、そんな事はなにも聞かれませんでした 。


Honda党を自負する。愛車は黄色いビート。普段の通勤はもちろん、地方戦ながらジムカーナのアマチュアレースにも参戦。2リッタークラスのマシンを相手にパイロンぎりぎりを狙った走行で、食らいついている。「自分の時間を存分に楽しめる。これもEGのメリット」
  ©Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All rights reserved.