Honda Motor Co., Ltd. ホンダエンジニアリング株式会社  キャリア採用サイト
 
どんな職場ですか?
パワートレイン生産に関連する装置研究やシステム研究に取り組んでいる部署です。長期的なスタンスに立って、様々な可能性を見つけ出す部署で、研究領域も広範囲に及びます。
ホンダエンジニアリングのここがすごい
オリジナリティへの賞賛は強く大きい企業です。だからこそ「やらないリスクより、チャレンジして失敗する経験の大きさ」を認めてくれるので、思い切ったテーマに取り組みやすい環境だと思います。
 
いま、取り組んでいるプロジェクトがありますか?

金属加工工程の一部を大幅に短縮する研究に取り組んでいます。研究はまだスタートしたばかりで、その内容も進捗状況についても、詳しくお話しすることはできませんが、一定の研究成果が見えるのは、およそ1年後になると思います。さらに、そこから内容の検証作業などがあるため、最終的なゴールは数年後。かなり長期的なスタンスに立った研究で、今はあらゆる可能性を試しているところです。
その仕事のテーマはなんですか

生産工程の簡略化と加工時間の短縮です。一方で、ミクロン単位の加工精度は今以上に向上させるのですから、簡単な仕事ではありません。この研究は、クランクシャフトやトランスミッションのような円軸系金属加工装置への応用が考えられており、ゆくゆくは装置開発も見込まれています。つまり、全世界で生産されるHonda車に影響を与える可能性を秘めた研究ということです。テーマとしてはかなり壮大だと思います。
転職のとき気になった事はありますか?

愛知県から栃木県へ、転居をともなう転職となりましたが、生活環境に関しての不安はありませんでした。気になったことといえば、仕事内容。私の場合、数年にわたって同じ自動車業界のパワートレイン系の開発に携わっていたので、その実績と実力をきちんと評価してくれるかどうかを重要視していました。転職後に気づいたことは、自主自立の精神が徹底していたことです。トップダウンのスタイルがほとんどない。これには、正直、驚きました。
転職者へのアドバイスがありますか?

時間管理に関しては、想像以上でした。週2回のノー残業デーには、定時になるとほぼ全員が退社。当初は時間配分を考えない仕事の進め方に慣れきっていたので、正直なところ戸惑いました。また、「自主自立」を大切にする会社ですから、トップダウンを待っていては仕事が進みません。自ら働きかけて、取り組みたいテーマを見つけ解決する姿勢が問われます。だからこそ、私はホンダエンジニアリングにやってきたんですけどね。


研究職らしく、派手なパフォーマンス表現は苦手。言葉を確かめるかのように話す口調に、まじめで実直な人柄が透けて見えてくる。限られた時間の中で研究に集中するウィークデーとは対照的に、週末は子どもとゆったり過ごす時間と決めている。
  ©Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All rights reserved.