Shigehara’s Will
茂原良植のWILL
設備生産部/設備設計
乗用車は通常、ルーフと左右のサイドパネルを接合した部分に、黒いラバー状のモール部品を装着している。その見た目から〈モヒカンモール〉と呼ばれる。スポット溶接の痕跡を覆い隠すために、常識とされ…
Komatsu’s Will
小松彩絵子のWILL
車体生産技術部/車体組立技術
2013年10月、彼女にとって初の海外出張だった。バンコク市内から東に約150キロ、プラチンブリに建設中の新工場で、駐在中の上司Kが迎える。プロジェクトリーダーとしての彼女のミッションは、世界初となる…
Kume’s Will
久米智之のWILL
パワーユニット生産技術部/パワーユニット設備技術
燃料電池車の普及を目指すHondaは、2008年にFCXクラリティのリース販売を開始した。その経験をもって臨んだ2016年モデルの開発テーマは明確だった。〈人のためのスペースは最大に。メカニズムは最小に…
Uchi’s Will
内智幸のWILL
金型生産部/金型設計
バンパーやインパネなど合成樹脂部品の量産における、金型開発を担当してきた。テーマは大きく3つの軸になる。自動運転の技術革新を進めるための、高機能化。工場での量産体制を高めるための、効率化と…
Yoshida’s Will
吉田慎のWILL
研究開発部
研究所や工場からの要請で始まる開発と、EGからの逆提案で始まる開発がある。これは後者だった。従来は、大型の金型プレスでブランキング(打ち抜き)しているボディ部品を、レーザーで切り抜くことはできないか…
Sakazaki’s Will
坂﨑剛のWILL
車体生産技術部
工場のラインの最終工程は〈検査・出荷〉である。高品質のクルマを届けるために、検査が大切なことは言うまでもない。外装と内装を凝視し、運転席でハンドルを動かし、フロントパネルの中を覗き、台上走行を行い…
Saito's Will
齊藤浩二のWILL
車体生産技術部
それまでの3年間、役員室との戦略チームで新たなモノづくり・将来工場の姿を描き、不足要素としてキーとなる物流・検査・知能化など、IT技術を中心としたプロジェクトテーマの仕込みに躍起になっていた…
Hirakawa's Will
平川裕太郎のWILL
ITサービス
Hondaはいま、製造IoT化に向けた全社基盤を構築している。EG(ホンダエンジニアリング)のミッションは、より生産設備に近いレイヤーでの標準化である。システムのアーキテクチャーやセキュリティについて…